踊る喋り屋のぶろぐ 〜ラジオとフラメンコ〜

凌木智里です。しのきちさとと読みます。ラジオ(あるいは何か)で喋ったり、フラメンコを踊ったりして暮らしています。

写真

去る9/18

高円寺カサ・デ・エスペランサでのライブ。

 

一緒に出演したみっちゃんの旦那さん・吉野広宣さんが写真が趣味で、ライブのお写真をいつも撮ってくれます。

踊りの写真というのは難しいものなのですが、たくさん撮っているので動きとタイミングがバッチリ合っていていい瞬間をたくさん捉えて下さいました。

 

この日のメンバー 

f:id:cnokichi:20201003110432j:plain

 

f:id:cnokichi:20201003110449j:plain

f:id:cnokichi:20201003110502j:plain

 

f:id:cnokichi:20201003110636j:plain

 

f:id:cnokichi:20201003110513j:plain

 

f:id:cnokichi:20201003110531j:plain

 

f:id:cnokichi:20201003110549j:plain

f:id:cnokichi:20201003110602j:plain

f:id:cnokichi:20201003110615j:plain

 

反省メモとしては、クエルポをもっと使って踊りたいと最近すごく思っていて、そこが引き続きの課題。

動いているところも見てみなくてはわからないけど、写真ではまだまだ全然固いな。

 

ソレはさておきまして。

次回ライブ10/11(日)浅草橋ラ・バリーカ

お店の方は残席2ですが、配信のお申し込みお待ちしております!!

 

f:id:cnokichi:20201003110749j:plain

 

 

***お知らせ*****************

※ラジオ※

全国49局のコミュニティFMにてオンエア

「弁護士・奥山倫行のロック裁判所」

http://rockcourt.net/

 

 

※フラメンコかるた好評発売中※

ご注文順にお引き渡しします!

税込1000円。送料別。

詳しくは、フラメンコ日記ウェブサイトへ。

http://flamenco-nikki.jp

 

 

※フラメンコ ライブその他出演など※

10.4. & 12.20.(日)青山TORO(ライブ音声ガイド担当)

 

10.11.(日)浅草橋ラ・バリーカ

11.13.(金)高円寺カサ・デ・エスペランサ

12.12.(土)浅草橋ラ・バリーカ 

 

☆地球唯一の月刊フラメンコ専門誌「パセオフラメンコ」☆

エッセイ連載中!

『踊る喋り屋・ぼやく』

毎月20日発売。ぜひご購読ください!

次号最終回!!!

 

※フラメンコクラス※

JR中央線国立駅から3分のスタジオタコンロト(国立市東1-4-6 国立デパート1F)にて

  

・レギュラークラス 月4回¥8000

 (3名以下のクラスは、スタジオ代が加算)

 スタートほやほやのクラス!

 全く初めての方、長いブランクのある方、始めるなら今です♪

 あと3名入れます!

  火曜日18:30〜20:00

 

JR中央線・西武国分寺線 国分寺駅から徒歩3分の「スタジオ・エフ」

https://www.studio-efu.com/access.htmlにて

  水曜日月2回 13:00~14:30

  経験者向け。あと1名入れます♪

 

高田馬場エストゥディオ・ミエにて

『フラメンコ・シティオ塾:踊って脳トレ!ゆるりとフラメンコ』

 水曜日10:15〜11:15(月4回)

 ¥7000(税別)

 ※別途、シティオ塾への入会金が¥5000かかります

 

 

※ホームページこちら※

https://cnokichi.jimdo.com/?logout=1

 

youtube「しのちりちゃんねる」※

www.youtube.com

 


********************

大腸カメラ

1年くらい前から、お腹の調子が整わんなあっていうことがちょくちょくあって。

 4年半ほど前の子宮筋腫の開腹手術から日が経って、癒着してるのか?とか、そんな心配もちょっとあったものだから、先月お腹の専門のクリニックに行きました。

それでまあ、最近あちこちで言われる「年齢的にも、一度きちんと調べてみてもいいんじゃないですかね?」っていうお言葉をこちらでも頂戴しまして。

そうだねってことで、初めての大腸カメラを申し込んだのです。

 

ちなみに、ポリープ取らずに済めば、検査日は予約時間からお帰りまで15分〜20分くらい、と言われたのですが、このスピード感は先生が上手いということが伺える要素みたいです。

 

半月ほど経って

予約日前日のごはん。

 

f:id:cnokichi:20200718152826p:plain

朝 お粥・ふりかけ・お味噌汁

昼 鮭粥・お吸い物

おやつ 粉末のオレンジジュース・粉末の紅茶・飴湯・チョコチップクッキー

夜 コーンスープ

 

箱の写真を最初に見た時は、なんてかわいそうなゴハンなんだ!!と思ったけど、間食が取り入れられているおかげで、意外に乗り切れました。

それと、味も悪くなかった。

やっすいうっすいオレンジジュースとか、実は苦手なんだけど大丈夫だった。

一番美味しくなかったのが飴湯かな。これはいらないなあと思ったw

 

ネットでいろいろ見ていたら、こんなタイプの検査食が。

 ↓

f:id:cnokichi:20200718152900p:plain

これのが豪華!!

いいなあこれが良かったなあ と思ったけど、お高いのだそうです。

 

で、最後の晩餐コーンンスープの後に、小瓶の下剤を一本服用して就寝。

朝方まだ暗い頃です。

お腹が暴走開始。

痛い!! → トイレ!! → 一息つく頃に次の波 (繰り返し)

ま、でも、眠くて朦朧としながらだったし、時計も見なかったのであまり記憶はないけれど、おそらく1〜2時間で収まったか。

 

7時ごろ再び起き出して、いよいよ噂の大量の下剤服用開始。

私が飲んだのは、1800ccのタイプで「マグコロールP」というお薬。

途中で飴を舐めなさいだとか、ミントのガムを噛みなさいだとか、スポーツドリンク飲みなさいだとか、いろいろご指南いただいてたのですが、私これら全部あまり好きじゃないんです。

なので、ここから検査終了して帰宅までの9時間くらいの間、水とセブンアップだけで生きてました。

 

さて、全部飲むのが地獄との噂の下剤ですが、私は、2時間で飲めと書かれているところを3時間半で1300ccまで。

味はポカリスウェットとおんなじ味で、冷やしておけば全く苦しくないです。

ただ、これは下剤。

胃腸に入れても一切吸収しないわけです。

だから気持ち悪くなる。

いかに普段の飲食で消化器官が頑張って吸い取ってるかが、よおおおくわかります。

この気持ち悪さで飲めなくなっちゃうんですね。知りませんでした。

味とか、タプタプ感で辛いのかと思っていた。

 

でもまあ、そこまで飲んだ時点で、もう何もお腹の中身は出てこなくなったので、リタイアしても大丈夫だろうって判断しました。

この時点で11時くらい。

私は、自宅で下剤を服用して午後の予約時間に検査を受けに行く、というやり方の病院でお願いしていたので、出かける時間までは、トイレ掃除して気を紛らわせたくらいで、あとは布団に転がってやり過ごしました。

病院に朝から行って、そこで下剤を飲んで午後から検査、というパターンも一般的みたいですが、私は家で飲む方が良かったなと思います。

具合が悪ければゴロゴロできるし、人の目も気にならないし。

 

14:00 出発

14:30 クリニック到着。開いてないので前で待つ。お腹が痛いなあ。

14:40 クリニック解錠。開口一番、お腹空いたでしょう?と言われるが、いや、トイレに行きたいっす。。

14:50 予約時刻通り案内される。着替え。比較的新しくてきれいなクリニックなので、更衣室なんかも使いやすい。お尻まで隠れる長さの検査着の上っ張りと、お尻のとこが縦に空いてる紙パンツ。靴下も濡れるかもしれないから脱いできてくださいねーと言われる。

そのまま検査室へ。

左下で横向きに丸くなって寝る。右腕に筋肉注射。ここの看護師さんが、マシンガントークタイプで、注射の説明からのハイ差しますよはいプス抜いた後が痛いですからねはい腕が重くなりまーすどうですかー、と畳み掛けてくるので、全体を呪文のように聞き流していると物事がどんどん流れていってくれて、ちょっと助かる。

で、先生がやってきてお尻に麻酔塗りまーすと言うか言わないかでもう薬塗られる。

そして間断なくカメラ挿入。

腸の曲がっているところなんかで、空気を送り込んで腸を伸ばしながらどんどん奥までカメラを進める。先生が、押しますよーちょっと辛いねごめんねーって言ってくれるんだけど、その通りに押されてちょと辛い。空気も入れるのでお腹も張ってくる。でもなんか出そうな感じは堪えてしまうと腸の踏ん張りでカメラを押し戻してしまうので、そこは踏ん張らないように踏ん張らなくてはならない。

で、カメラ入ったまま上むいて、そして右向いて、また上向いて、と誘導されて、カメラは奥まで到達。復路でじっくり見ながらカメラを抜いていくわけですね。

結局、かなりありがちな入り口近くのS字結腸あたりのポリープを3個取ってもらいました。

胃カメラみたいに苦しいわけじゃないので、モニター見てポリープ確認して、取るとこも画面で見てました。解像度すごい。

で、先生は、じゃっ!って感じでさっさと検査室を後にしてゆき、マシンガン看護師さんの指示通りに着替えを済ませ、先生の診察。

折々起こるお腹の不調は、ポリープのせいっていうよりは、過敏性腸症候群ですね、っていう診断。気の問題ですね…。

検査前の血液検査の結果表などもいただき、ではまた二週間後にということで、お会計は¥25000でございました。

ふー、終わったー。

帰ったら指示通りに、白米お茶碗三分の一、早く食べたいなあ。

と思いながら時計を見ると、15:20でした。

先生、素早かったなあ。

 

ポリープ取ったので、三日くらいは消化のいいものを食べる。

これ結構面倒。

それと、一週間禁酒。運動も禁止。

つまらない。

 

結果的に、私の所感として一番辛かったのは朝方効いてきた下剤でした。

胃カメラよりも、全体にかける時間は長いけどずっと楽!

できれば胃カメラは一生やりたくないけど、大腸は2年後くらいならまたやってあげてもいいかも。

 

それから、あった方がいいものは、赤ちゃんのお尻ふきみたいなウエットタイプのトイレットペーパーです。

こういうの。

f:id:cnokichi:20200719164628p:plain

 

以上、何のひねりもないけど、大腸カメラ顛末でした。

これから初めて受ける方の参考になれば。

 

***お知らせ*****************

※ラジオ※

全国49局のコミュニティFMにてオンエア

「弁護士・奥山倫行のロック裁判所」

http://rockcourt.net/

 

 

※フラメンコかるた好評発売中※

ご注文順にお引き渡しします!

税込1000円。送料別。

詳しくは、フラメンコ日記ウェブサイトへ。

http://flamenco-nikki.jp

 

 

※フラメンコ ライブその他出演など※

7.26.(日)青山TORO(ライブ音声ガイド出演)

8.19.(水)四谷三丁目カサ・アルティスタ

8.29.(土)浅草橋ラ・バリーカ

8.30.(日)青山TORO(ライブ音声ガイド出演)

9.18.(金)高円寺カサ・デ・エスペランサ

 

 

☆地球唯一の月刊フラメンコ専門誌「パセオフラメンコ」☆

エッセイ連載中!

『踊る喋り屋・ぼやく』

毎月20日発売。ぜひご購読ください!

 

※フラメンコクラス※

JR中央線国立駅から3分のスタジオタコンロト(国立市東1-4-6 国立デパート1F)にて

  

・レギュラークラス 月4回¥8000

 (3名以下のクラスは、スタジオ代が加算)

 スタートほやほやのクラス!

 全く初めての方、長いブランクのある方、始めるなら今です♪

 あと3名入れます!

  火曜日18:30〜20:00

 

JR中央線・西武国分寺線 国分寺駅から徒歩3分の「スタジオ・エフ」

https://www.studio-efu.com/access.htmlにて

  水曜日月2回 13:00~14:30

      2020年1月スタートしました!あと1名入れます♪

 

高田馬場エストゥディオ・ミエにて

『フラメンコ・シティオ塾:踊って脳トレ!ゆるりとフラメンコ』

 水曜日10:15〜11:15(月4回)

 ¥7000(税別)

 ※別途、シティオ塾への入会金が¥5000かかります

 

 

※ホームページこちら※

https://cnokichi.jimdo.com/?logout=1

 

youtube「しのちりちゃんねる」※

www.youtube.com

********************

旧国立駅舎

JR中央線国立駅の古い駅舎が再現されました。

f:id:cnokichi:20200611171635j:plain

 

もう駅としては使われませんが、駅舎の歴史のちょっとした展示のあるミュージアム的スペースができていたりします。

コミュニティスペースとしても使ったりする予定みたい。

観光案内所的な機能もあるのかな。国立グッズを販売してます。

 

国立駅舎は、大正時代に建てられた木造の駅舎でした。

貴重な建築物で、国立市の指定文化財にもなり、解体後は部材を保管。

今回ようやく再建されたのです。

屋根を支えている鉄柱なんかは、イギリスやアメリカの古レールを活用したものらしく、1885年と書かれてます。

f:id:cnokichi:20200611171701j:plain

f:id:cnokichi:20200611171719j:plain

 

小さな頃からずっと見てきた赤い三角屋根の駅舎。

これが帰ってきたこの嬉しさは、古い住人だった人に共通の気持ち。

f:id:cnokichi:20200611171735j:plain

f:id:cnokichi:20200611171801j:plain

うちの母親は、駅舎の隣のコーヒーショップで若い頃働いていた。

駅舎の真ん前は、今でもタクシー乗り場だけど、ここはずーっとずっと前からタクシー乗り場で。

運転手さんたちがコーヒー休憩しに来ていたので顔見知りが多くて、子どもの頃は母と駅前からタクシー乗るたびに、運転手さんに「あれ?きみちゃん?」って母が言われていたのが恥ずかしかった。

 

いろんなことを思い出すなあ。

そんな人がたくさんいるんだろうな。古い思い出を聞いてみたいな。

そんなこと思うなんて、私も大人になったもんだ。

悪くない。

 

***お知らせ*****************

※ラジオ※

全国49局のコミュニティFMにてオンエア

「弁護士・奥山倫行のロック裁判所」

http://rockcourt.net/

 

 

※フラメンコかるた好評発売中※

ご注文順にお引き渡しします!

税込1000円。送料別。

詳しくは、フラメンコ日記ウェブサイトへ。

http://flamenco-nikki.jp

 

 

※フラメンコ ライブその他出演など※

7.3.(金)19:30~四谷三丁目カサ・アルティスタ 

f:id:cnokichi:20200611173130j:plain

ご予約は直接お店、または、しのきまでどうぞ!
 

☆地球唯一の月刊フラメンコ専門誌「パセオフラメンコ」☆

エッセイ連載中!

『踊る喋り屋・ぼやく』

毎月20日発売。ぜひご購読ください!

 

※フラメンコクラス※

JR中央線国立駅から3分のスタジオタコンロト(国立市東1-4-6 国立デパート1F)にて

  

・レギュラークラス 月4回¥8000

 (3名以下のクラスは、スタジオ代が加算)

 スタートほやほやのクラス!

 全く初めての方、長いブランクのある方、始めるなら今です♪ あと3名入

 れます!

  火曜日18:30〜20:00

 

JR中央線・西武国分寺線 国分寺駅から徒歩3分の「スタジオ・エフ」

https://www.studio-efu.com/access.htmlにて

  水曜日月2回 13:00~14:30

      2020年1月スタートしました!あと1名入れます♪

 

高田馬場エストゥディオ・ミエにて

『フラメンコ・シティオ塾:踊って脳トレ!ゆるりとフラメンコ』

 水曜日10:15〜11:15(月4回)

 ¥7000(税別)

 ※別途、シティオ塾への入会金が¥5000かかります

 

 

※ホームページこちら※

https://cnokichi.jimdo.com/?logout=1

 

youtube「しのちりちゃんねる」※

www.youtube.com

********************

ハクセキレイ

トコトコテケテケと歩いている鳥です。

f:id:cnokichi:20200501225108j:plain

 

静か目に近づけば、寄り添って散歩可。

 

f:id:cnokichi:20200501225027j:plain

 

猫に食われちゃったりしないのか心配になりますが。

 

f:id:cnokichi:20200501225056j:plain

 

最後には飛び去ったので、大丈夫なのでしょう。

 

***お知らせ*****************

※ラジオ※

全国49局のコミュニティFMにてオンエア

「弁護士・奥山倫行のロック裁判所」

http://rockcourt.net/

 

 

※フラメンコかるた好評発売中※

ご注文順にお引き渡しします!

税込1000円。送料別。

詳しくは、フラメンコ日記ウェブサイトへ。

http://flamenco-nikki.jp

 

 

※フラメンコ ライブその他出演など※

7.3.(金)19:30~四谷三丁目カサ・アルティスタ 

 

☆地球唯一の月刊フラメンコ専門誌「パセオフラメンコ」☆

エッセイ連載中!

『踊る喋り屋・ぼやく』

毎月20日発売。ぜひご購読ください!

 

※フラメンコクラス※

JR中央線国立駅から3分のスタジオタコンロト(国立市東1-4-6 国立デパート1F)にて

 

・初級経験者の方のオープン参加1回1500円

 火曜日19:30~20:30

 一回だけの受講でもOK!ご参加の方は必ずご一報ください♪

 →5月いっぱいオープン参加はお断りしております

 

・レギュラークラス 月4回¥8000

 (4名以下のクラスは、スタジオ代が加算)

 ☆9月から入門クラスが立ち上がりました!

 全く初めての方、今ならまだまだ追いつけます♪あと3名入れます!

  火曜日18:30〜20:00

→5月いっぱいお休みです

 

JR中央線・西武国分寺線 国分寺駅から徒歩3分の「スタジオ・エフ」

https://www.studio-efu.com/access.htmlにて

  水曜日月2回 13:00~14:30

      2020年1月スタートしました!あと1名入れます♪

 

☆高円寺にて

『フラメンコ・シティオ塾:踊って脳トレ!ゆるりとフラメンコ』

 水曜日10:15〜11:15(月4回)

 ¥7000(税別)

 ※別途、シティオ塾への入会金が¥5000かかります

 →5月いっぱいお休みです

 

※ホームページこちら※

https://cnokichi.jimdo.com/?logout=1

 

youtube「しのちりちゃんねる」※

www.youtube.com

********************

ハラキリ。(子宮筋腫撤去工事の話)

※とっても長いです。そして、男性はあんまり読んで気持ち良い話じゃないかもしれません。4年前に子宮筋腫を手術で取った時の顛末です。はてなブログを始めたのも、この入院生活がきっかけだったのですが、放置していた書きかけの記事です。が、思うところあって公開することにしました。※

 

去る2016年2月23日に子宮筋腫を手術で取りました。


しばらく前から筋腫が育ちだして、いよいよ手術で取ろうかどうしようか?という段階に至り、やったことはやっぱり、

ググる

でした。

 

昨今、インターネットで調べ物をしようにも欲しい情報にたどり着くのも大変な、「ネットは広大だわ(by素子)」感がある。

やっと見つけたと思っても、『そんな個人的な感想はどーでもいいよー、もっと具体的などーのこーのが知りたい!』という内容であることもしばしばだけれど。

 

こと、この(筋腫)テーマに関してはどんな個人的な単なる感想でも、とても参考になった。“個人の感想”とか“体験談”が、意外に役に立つジャンルなんだなあ。

 なんというか、励みにもなるし。

 

てことで、どなたかのお役に立つかもしれないし、わたしはわたしでどんな具合に入院から退院までいなしてきたか、書いておこうと思う。

ググってここに辿り着いた、筋腫を抱えて不安なあなたのお役に立てば幸い。

 

◯2年半前(2013年)

近くの老舗の婦人科病院で、誕生日検診というものをやっていると知ってそれを受けに行ったのが最初。

その後見つかった子宮筋腫を、半年に一度経過観察していたのが、ちょっとずつ育っているね、となった。

この時、メインの2つの腫瘍が、直径4〜6センチ程度。

子宮筋腫はほとんどの場合が良性で、そんなに心配なことはないのだけれど、生理がある間は栄養が供給されるので成長する。

今後の成長のスピード予想などを考慮し、手術して取ってもいいかもしれないね、と担当医と相談。

総合病院へ紹介していただく。

 

この時点で、私としては

・腫瘍のみ取る

・腹腔鏡で施術

というつもりでいた。

 

さて行ってみると、折り合いがつかず企画倒れとなる。

理由は、

・貧血その他の症状がひどくない

・出産の予定がない

・それなのに、わざわざお腹の中をいじるリスクを犯したくない

 

このように言われ、地元の先生のとこへ出戻り、じゃあ様子をみましょう、となる。

 

◯5ヶ月前(2015年)

半年に一度の経過観察を続けていたが、この半年で筋腫が急成長。

じわじわと育っていると、本人もあまり異変を感じないものだそうだけど、私の場合、半年間の成長が急に速くなって、

頻尿・ひどい便秘・ひどい腰痛

これが顕著に。

もともと血が濃い(?)ので貧血はなかったけど、普通の人ならここらで貧血も出たかもしれない。(この状態でも貧血はないんだよねー、ふーん。って、先生に感心された)

MRIも撮り直し、大きな二つがそれぞれ6〜8センチくらいありそうだということで、再び総合病院に見参。

 

このときの腹積り。

・開腹手術は致し方なし

・ただし、腫瘍のみ摘出し、子宮は残す

・手術決定から3ヶ月後くらいのスケジュールが一般的と聞いたので、2月中に手術希望

 

はてさて、またもやこの病院とは折り合いがつかない。気が合わんなあ。

曰く

・この条件(年齢、出産に関すること、閉経までの予想年数、筋腫のサイズなど)では、自分たちとしては子宮全摘しかやらない

 

とのこと。

(ちなみに、卵巣と卵管は残すので女性ホルモンは出るし、いきなりおっさんになるわけではない、とは言われた)

はあ、そういうもんですかい、と思って、2月末(3ヶ月後)に一応手術の予約もして帰る。(何しろ混んでる病院なんで、心を確定してから手術予約!なんて悠長なことやってたら、ライフプランに影響が出る)

 

だいたい、ここの病院は予約一つなかなか取れず、地元の先生とここと、報告やら確認のために行ったり来たりするだけで下手すると1ヶ月を要してしまう。

それだけならまだしも、前回と同じ話をまたするためだけに予約取ろうとして「初診扱いです」とか言いやがったときには、 ア ホ か ! と思った。

しかもそれが二週間も先の真昼間。

ま、これは愚痴ですがね。
そんな調子なので、果たしてホントにここで手術するのか?な気分になりつつ、でも、とにかくもう筋腫は取ってしまいたかったし取ると決意もしていたので、コトを進めようと。

 

地元の病院に帰り、上記経緯報告致しましたところ。

「ずいぶん大胆な宣言されちゃったねえ」

と地元先生。

子宮全摘のことらしい。

いやあ、わからないのでそういうものなのかと思って‥

と言うと、

「医者の言うなりになる必要はない。子宮をたとえもう使わないだろうからって、痛んでもいないのに取るなんて、自分が楽な方法を取ろうしているだけだ。ホントに抵抗ない?」

というようなことを仰った。

確かに、ネットで色々な方のブログなんかを読み漁った中に、「手術前は子宮に何の思い入れもなかったけど、終わった後に突然喪失感が襲ってきた」という方がいらした。

地元先生のこの言葉で、それがすごく引っかかっていた自分に気づいて、ちょっと動揺して泣きそうになる。

そして地元先生が

「私がやろうか」

と言ってくださった。

!!

紹介されてどこかへ行くってことは、地元ではやってもらえないからなのかと思っていたから、二つ返事でお願いしますと答えた。

なあんだ、先生やってくださるんなら最初っからそれが良かった、と言ったら、「大きい病院の方がいいかと思って」と。

なるほどそういう患者さんもいるんだろうな。

 

これから手術を考えてる方に1つアドバイスしたいのは、大きい病院だから安心て事は全くない、ということ。

技術や機材的には安心でも、心は安らかとは限らないと思う。

入院生活を思い返しても、細かな精神面の支えは、大病院なら絶対にないものだったという気がする。

そして、先生や病院との相性というのはかなりの部分を占める。

だから、私みたいに妥協したり我慢して受け入れたりしなくていいと思う。

論理的に見ても、二つの病院だけでもこれだけ方針に違いがあるのだし。

ドクターショッピングは如何なものかと思うけど、セカンドオピニオンくらいは取っていいと痛感した。

 

さてそんなわけで、大病院様をキャンセルして清々し、改めて地元先生のもとで入院・手術の予約と相成った。

取りましょう、という二度目の判断から、実に2ヶ月近くかかってしまった。

 

◯3ヶ月前

術前に3回、ホルモン注射を打って筋腫を少しでも小さくしよう作戦(これは筋腫摘出する方のほとんどがやるみたい)開始。

最初の一回はなかなかタイミングが難しい。生理が来てから5日以内に注射しなくてはいけないのだけど、

来た→どうしても行けない日→どうしても行けない日→日曜日
なんて具合になると、5日ギリギリだったりするからだ。

この1回目さえうまくキャッチできれば、あとはもう三週間に一回、定期的に注射打ちに行くだけなので予約もできるし楽勝。

このホルモン注射で、更年期のような副作用が出るというのは、よく聞く。

ところが私の場合は、なーんにもなくって、むしろ、生理も来ないし筋腫も縮んだようで頻尿便秘も軽くなり、大変快適であった。

その様子を見た先生、

「更年期も軽いかもねー」

と太鼓判!

基礎体力がモノを言うというとこもあるそうなので、皆さんには体力をつけておくことをオススメしたい。

 

◯1週間前

家族も呼ばれて、手術の説明。全身麻酔のため、家族の立会いが必要だそう。

麻酔科の先生に、硬膜外麻酔とはなんぞやの説明を受ける。

あとはとにかく、風邪を引かないように気をつけること。

 

◯入院日

大量のおもちゃをカバンに詰めて入院。

産婦人科ってもしかしてそういうものなのだろうか、ここは入院費に色々なものが含まれていた。

・パジャマ(毎日替えを貸してくれる)

・スリッパ

・ガウン

・タオル(毎日新しいバスタオルとフェイスタオルに替えてくれる)

・コップ

・下着その他のランドリーサービス(朝預けて夕方には届けてくれる)

など。おかげで、着替えをほとんど持っていく必要がなかったので、荷物は洗面道具と遊び道具がメインだったのだ。(しかもテレビも冷蔵庫も無料だった)

 

そして、ご飯が美味しかった。

食器も陶器のもので、ボリュームもたっぷり。

 

初日は、そんなことにいちいち驚いているうちに終了。

ただし、翌日は早速手術を控えているため、21時以降は食べもの禁止。

豪華夕食とはいえ18時には食べ終わるくらい早々と持ってきてくれたので、外来のフロアの自販で思わずパンを買ってみたりしたが、結局満腹だったので食べず。

 

飲み物にポタポタたらして飲むタイプの下剤を服用。

 

◯手術当日

手術予定は、早くても15時。もしくはそれ以降。

朝10時を過ぎたら、お水も控えるように言われる。

朝一番で、昨夜の下剤は効いたか確認され、まだだと言ったら、超強烈なプロ仕様(?)のお浣腸を持って来られる。あっという間にお腹の激痛に見舞われる。今回の手術にまつわる一連の中でもトップクラスに辛かったのは、この浣腸だった。

そして、(人生初の)点滴開始。水分。

途中でちらっと顔を見にきてくれた先生が、「お腹空いたよねー、でも水入れてるから干からびないよ(笑)」。

 

確かに干からびることなく、15時半ごろ前触れなく看護師さんがやってきて「さあ行きましょう」と唐突に言う。

急き立てられるようにベッドを後にして急ぎ足で手術室へ。覚悟を決める間もない。

小さな病院なので、5メートルも歩いてエレベーターに乗って一つ下の階へ降りたら、もう手術室の前だった。

 

手術室だー!!!(緊)

 

でも、思ったより滅菌感がなく(大丈夫か?笑)気楽な感じ。

執刀医も麻酔医も看護師もほとんど女性で、なんだかきゃっきゃした雰囲気に、少し和む。

はいはい速く速くってな感じで手術台の上に乗っかり、バスタオル一枚の姿になる。

 

もしかしたら、こういうとき他所の病院だったら何も気遣いなく裸になるんだろうか。

ここんちは、こちらが “そんなお気遣いなく〜”と言いたくなるくらい、そこら辺の気遣いがすごい。診察のときなんかもそうなんだけど、絶対にあられもない感じにならないように、常にバスタオルが用意されてる。

 

そして、まずは硬膜外麻酔の準備。

これが技あり感満載で2、30分はかかったんじゃないかという繊細かつ大胆な作業(っぽい)だった。

この麻酔のためのカテーテルを挿入するのに、膝を抱いた横向きの姿勢をとらなくてはいけないのだけど、看護師さんが一生懸命私を抱えてくれて、合間には握った手をさすって励ましてくれる。

背骨にグイグイくる挿入感。痛くはないけど、なんか、すごいことが起きてるな!という漠然とした緊張。

 

これが完了すると、いよいよ手術になるのだが、こっちはこの後仰向けになったらすぐ全身麻酔のマスクをあてがわれて、「おしっこの管入れるからねー」と言われて、あとはもう記憶は2秒しかない。

あ、男性の先生も二人いるのねーんんんんん‥
と思ったら、次の瞬間にはリカバリー室(ナースセンター横の病室)にいて

「終わりましたよー」

と起こされてた。

 

‥んふぁい。

としか返事できず。

家族が来たっぽい感じがあり、それから先生がやって来て、大きな丸いタッパー状のものにたぷたぷに液体が入った中に、真っ白くてまんまるいぶよぶよした物体が浮かんでるものを見せる。

撤去した筋腫大小取り混ぜて4コ。

眠かったけど、先生の「どーだ!」感をビシバシ感じた(笑)

あいあろおざいあふ(ありがとうございます)とだけ、なんとか伝える。

寝落ち前に看護師さんに聞いたら、19:40とのことだった。

 

◯2日目

数時間おきに目が覚める。

痛みで覚めるというわけではないけど、目覚めたついでに寝返り打ちたくても、それが痛い。動くと痛いのではなく、動こうと思うだけで痛い。鈍痛。
それでも、点滴と硬膜外麻酔のチューブから、痛み止めが入っているのでその程度。

看護師さんが検温に来るたび、寝返り打ってみてねって言われるけど、大仕事だ。

しかし、じーっとしていると癒着を起こしやすいので動いて欲しいらしい。

ベッドの手すりやら壁やらを駆使してなんとか横向きになるが、内臓が動いてまた痛い。

 

時間は定かでないが、日中、病室へ戻る。

さすがに移動は車椅子。とは言え、ベッドと車椅子の移乗は基本、自力。

座った姿勢になった途端、気持ち悪くなる。

わたしは、体に関してはかなりダメでも口では「だいじょぶ‥」って言う方なんだけど、さすがに「キモチワルイデス‥」と呟く。そのくらい。

 

腸が活動を始めてオナラが出たら、流動食からごはんスタート!なのだが、なかなか出ない。

看護師さんも先生たちも、二言目には「オナラでた?」

出ないって。

 

尿の管も外してもらい、とにかく痛いのだけど、トイレは点滴押していく。

這ってでも行く、って感じだ。

起き上がり、点滴のコンセントを外してピーピー鳴らないようにボタンを押し、立ち上がり、よれよれしながらベッドを離れて病室の向かいのトイレまでたどり着くのに、「トイレ行こう」と思い立ってから5分くらいかかる。

入り口のわずかな段差を車輪が超えられないので、点滴を持ち上げねばならず、トイレも狭いので身の振り方にコツが要り、また部屋に戻ってベッドに収まるまで、なかなかの仕事。

 

◯3日目

まだ熱高め。38度台。体内が必死で調整を行っておる。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

…と、ここまで書いたまま保存して放置してあったのですが。
親友が筋腫取ろうか悩み中みたいな話になったので、これを書いていたことを思い出しまして。
もうこの続きの顛末は記憶の彼方なのだけど、読み返してみれば参考になることもあるかもなと思い、このエクスキューズを書き足して公開したいと思います。

結局入院生活は10日。
熱が出てたことなんか全然覚えてないのですが、それよりも、とにかくお腹の中で癒着が起きないように動け!ということで、点滴押して狭い院内をウロウロしてました。
が、お腹を切ってまたくっつけたので、そっち(お腹側)の皮が短くなったような感じがあって、直立の体勢が取れない。無理矢理ぐぐぐぐっと体を立てようとするあまり、背中の筋肉痛が激しく、毎晩看護士さん呼んで6枚くらい背中に湿布貼ってもらってました。
一番きつかったことはこれだって記憶してましたが、それじゃなくて、どうやら浣腸だったようですねw

で、術後の診察の時に先生から記念写真もらいました。
筋腫の。
筋腫の?!
そう。筋腫の。
「背の順に並べてみた(笑)」だって。
4個、7センチを筆頭に並べてある写真でした。。。

リコーダー吹いてみた をまたやってみた

自分の中で、ラジオ生放送やっていた頃から地味に愛用してるアイテム、リコーダー。

きっかけは、鳴り物があったら面白かろうと、長年の相方であった五十嵐くんが百均で買ってきてくれたわけだけど。

間抜けな音がするところがたまらないんですねおそらく。

上手くならないように細心の注意を払っております。

間違ってもちゃんとしたリコーダーを買う!とか言いださないよう、どうか皆さん私がそんな気配を見せたら止めてください。

 

youtu.be

 

***お知らせ*****************

※ラジオ※

全国49局のコミュニティFMにてオンエア

「弁護士・奥山倫行のロック裁判所」

http://rockcourt.net/

 

 

※フラメンコかるた好評発売中※

ご注文順にお引き渡しします!

税込1000円。送料別。

詳しくは、フラメンコ日記ウェブサイトへ。

http://flamenco-nikki.jp

 

 

※フラメンコ ライブその他出演など※

 

4.23.(木)20:00~

高円寺カサ・デ・エスペランサ

ギター 鈴木淳

うた 川島桂子

おどり 吉野理子、岩崎任代、しのきちさと

→中止といたしました

 

7.3.(金)19:30~

四谷三丁目カサ・アルティスタ

 

☆地球唯一の月刊フラメンコ専門誌「パセオフラメンコ」☆

エッセイ連載中!

『踊る喋り屋・ぼやく』

毎月20日発売。ぜひご購読ください!

 

 

※フラメンコクラス※

JR中央線国立駅から3分のスタジオタコンロト(国立市東1-4-6 国立デパート1F)にて

 

・初級経験者の方のオープン参加1回1500円

 火曜日19:30~20:30

 一回だけの受講でもOK!ご参加の方は必ずご一報ください♪

 →4月いっぱいオープン参加はお断りしております

 

・レギュラークラス 月4回¥8000

 (4名以下のクラスは、スタジオ代が加算)

 ☆9月から入門クラスが立ち上がりました!

  全く初めての方、今ならまだまだ追いつけます♪あと3名入れます!

  火曜日18:30〜20:00

→4月いっぱいお休みです

 

JR中央線・西武国分寺線 国分寺駅から徒歩3分の「スタジオ・エフ」

https://www.studio-efu.com/access.htmlにて

  水曜日月2回 13:00~14:30

      2020年1月スタートしました!あと1名入れます♪

 

☆高円寺にて

『フラメンコ・シティオ塾:踊って脳トレ!ゆるりとフラメンコ』

 水曜日10:15〜11:15(月4回)

 ¥7000(税別)

 ※別途、シティオ塾への入会金が¥5000かかります

 →4月いっぱいお休みです

 

※ホームページこちら※

https://cnokichi.jimdo.com/?logout=1

********************

「踊る喋り屋」

思っきしワードで作った画面のスクショですがw

喋り手の方のプロフィール提出物がロクなの作ってなかったので、

あ、でも、これも全く持ってすごくちゃんとしてるわけではないのですが、

とりあえず「すぐ出して」って言われた時になんとか出しても良さそうなものを、手元の資料のみで作っておこうと。

 

お籠り中の作業の一環ですな。

 

f:id:cnokichi:20200401222044p:plain

 

てわけで。

声のお仕事も承っております。

 

***お知らせ*****************

※ラジオ※

全国49局のコミュニティFMにてオンエア

「弁護士・奥山倫行のロック裁判所」

http://rockcourt.net/

 

 

※フラメンコかるた好評発売中※

ご注文順にお引き渡しします!

税込1000円。送料別。

詳しくは、フラメンコ日記ウェブサイトへ。

http://flamenco-nikki.jp

 

 

※フラメンコ ライブその他出演など※

 

4.23.(木)20:00~

高円寺カサ・デ・エスペランサ

ギター 鈴木淳

うた 川島桂子

おどり 吉野理子、岩崎任代、しのきちさと

→中止といたしました

 

☆地球唯一の月刊フラメンコ専門誌「パセオフラメンコ」☆

エッセイ連載中!

『踊る喋り屋・ぼやく』

毎月20日発売。ぜひご購読ください!

 

 

※フラメンコクラス※

JR中央線国立駅から3分のスタジオタコンロト(国立市東1-4-6 国立デパート1F)にて

 

・初級経験者の方のオープン参加1回1500円

 火曜日19:30~20:30

 一回だけの受講でもOK!ご参加の方は必ずご一報ください♪

 →4月いっぱいオープン参加はお断りしております

 

・レギュラークラス 月4回¥8000(4名以下のクラスは、スタジオ代が加算)

 ☆9月から入門クラスが立ち上がりました!

  全く初めての方、今ならまだまだ追いつけます♪あと3名入れます!

  火曜日18:30〜20:00

 

JR中央線・西武国分寺線 国分寺駅から徒歩3分の「スタジオ・エフ」

https://www.studio-efu.com/access.htmlにて

  水曜日月2回 13:00~14:30

      2020年1月スタートしました!あと1名入れます♪

 

☆高円寺にて

『フラメンコ・シティオ塾:踊って脳トレ!ゆるりとフラメンコ』

 水曜日10:15〜11:15(月4回)

 ¥7000(税別)

 ※別途、シティオ塾への入会金が¥5000かかります

 →4月いっぱいお休みです

 

※ホームページこちら※

https://cnokichi.jimdo.com/?logout=1

********************