読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

踊る喋り屋のぶろぐ 〜ラジオとフラメンコ〜

凌木智里です。しのきちさとと読みます。ラジオ(あるいは何か)で喋ったり、フラメンコを踊ったりして暮らしています。

智里

私の名前は、智里と言います。

ちさと。

わたしが子供の頃には全然いなかった。

大人になってきたら、ずいぶん若い子の中にポツポツいるのに気付いた。

アイドルにもいた。

でも、字が同じ方には出会ったことがなく。

お手紙とかいただいても、よく「千里」と書かれている。

そこから転じて、フラメンコでは「チリ」と呼んでくださる方もいて、けっこう気に入ってる。

日本人でもスペイン人でも、チリ、なら呼びやすいじゃない?

 

そんなんで、今まで知っていた「智里」は、長野県阿智村智里と言う地名だけだった。

(ちなみに、星が大変綺麗なところらしい。レタスもできるかな。)

 

そこへ、本屋さんで見かけたお名前「阿部智里」さん。

作家さんだ。

デビュー作「烏に単は似合わない」。

表紙がラブリーファンタジーな雰囲気のふんわりした絵柄だったので、初めはお名前に“あらっ”と思ったきり、手を出さずにいたんだけど。

どーも気になるんで、手に取り。

パラパラと。

まだ20代で、デビュー作を上梓された時には早稲田大学の大学院生。

ふむ。いいぞ高学歴の同じ名前さん(笑)

しかも、表紙のイメージとは裏腹に、この作品ファンタジーノベル大賞とかじゃなくて、松本清張賞取ってるらしい。

へー。そんな感じしないけどな。

‥と言う具合に、気になりだしたら止まらないので、同じお名前の方を応援するつもりで1作目を買ってみたらばもう。

 

おもしろ!!!

 

ネタバラシしたい面白さ。

もっとも、設定的に平安朝の文化を取り入れたような感じで、そこが私はツボなので入りやすかったんですが。

この作家さんはそういう設定が細かくて上手く凝ってるんで、設定マニアなんかなあ?って最初は思ったくらい。

でも、設定マニアなんじゃなくて、トリックの域でしたわ。

構造が何層にもなってて驚いたなあ。

ぐいぐい人の心引きつけといて、ぐわーん!とひっくり返されて、そっちかい!ってなる。

 

2作目がまた良くできていて、本当にひっさしぶりに朝まで本読んだ。

布団に入ってるのに、この私が寝落ちしなかった。

 

さっき3作目買ってきたんですが。

眠いなあ。

でもちょっとだけ続き読みたいなあ。

でも4作目はないから、読み終わったらもったいないなあ。 

 

***お知らせ*****************
※ラジオ※
かつしかFM
・「IgaraShinoKin」
毎週金曜日11:00〜15:00 生放送 (再放送土曜日9:00〜)

・「フラメンコ日記」

毎月第1金曜日12:30頃から15分間

・「ラフテルズのヒトツナ 〜人との繋がりを宝に〜」
毎月第4水曜日19:00〜20:00

 

※フラメンコかるた発売中※
ご注文順にお引き渡ししてます!
詳しくは、フラメンコ日記ウェブサイトへ。
http://flamenco-nikki.jp

 

※フラメンコクラス※
・入門から初級のオープンクラス 1回1500円
火曜日19:30~20:30
JR中央線国立駅から3分 スタジオタコンロト(国立市東1-4-6 国立デパート1F)
ご参加の方はご一報ください♪
・レギュラークラス
初級開講中・満席。
初中級・募集中。あと2名で新規クラススタートします。
今なら日時・場所もご相談可♪

 

※フラメンコクラス※
・入門から初級のオープンクラス 1回1500円
火曜日19:30~20:30
JR中央線国立駅から3分 スタジオタコンロト(国立市東1-4-6 国立デパート1F)
ご参加の方はご一報ください♪
・レギュラークラス
初級アレグリアスクラス・開講中。満席。
初中級・募集中。あと2名で新規クラススタートします。今なら日時・場所もご相
談可♪

 

※立川フラメンコ参加者募集!※

詳しくはシノキまでどうぞ。または、立川フラメンコで検索。
********************