読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

踊る喋り屋のぶろぐ 〜ラジオとフラメンコ〜

凌木智里です。しのきちさとと読みます。ラジオ(あるいは何か)で喋ったり、フラメンコを踊ったりして暮らしています。

春のまとめ!【フラメンコ】

早春から晩春にかけて、フラメンコ一色で駆け抜けました。
(おお。青春ぽい。)

 

年明けと同時に準備が本格スタートした二つのフラメンコの大イベント。

 初開催の「フラメンコ・シティオ春祭り2016」

 13回目のセビジャーナスパレードをメインにした「立川フラメンコ2016」

どちらも中の人として関わることができ、事故もなく、たくさんの方にも来ていただき、やっぱりここは心から感謝申し上げたい次第。

 

絵日記的に、写真を並べてみるよ。

(自分で撮ったのはよりにもよって東京タワーの写真のみw

 ちゃんとした写真は、主にドブレとしはるさん撮影でお送りします)

 

4月17日「フラメンコ・シティオ春祭り」当日。

電車も止まるほどの暴風と、時おり激しくなったりもした雨。

会場のマルワスタジオ近くの東京タワーも、どんよりを背負ってた。

f:id:cnokichi:20160509170917j:plain

 

にもかかわらず、スタッフ・お客様ともになかなかの熱気で、わたしも2月の手術後初めての踊り担当を、実に楽しく務めることができました。

f:id:cnokichi:20160509171135j:plain

はい楽しそう。

川尻敏晴さんの写真はいつも素晴らしい躍動感。踊りがうまく見えますww

 

そしてあっという間にやってきた、「立川フラメンコ」。

まずは5月3日前夜祭。

毎年わたしの担当部署(笑)は、MCとパルマです。

f:id:cnokichi:20160509172305j:plain

写真は、田鹿敏治さん。

お尻を掻きながら司会をしてはいけない。
踊らないで立ってるだけだと思ってたもんだから、髪飾りのつけ方が適当すぎて、しゃべってるだけでもボロボロ落っこちてきて難儀した。自業自得。

一方、生徒さんが本番で素晴らしい踊りを見せてくれて、ちょっと感動。


そして夜から暴風雨。
予報どおりだけれども、翌日の祭りまでに上がってくれー!!!と念じ‥

f:id:cnokichi:20160509181836j:plain

見事晴れました!!!!!

しかし、通称やぐらステージは高さがありまして、強風に煽られながらでスリル満点。
こちらも写真は川尻さん。

 

そして、しのちゃんズのライブ。

f:id:cnokichi:20160509182400j:plain

パルマどきどきしたけど、仲間でステージができるって素晴らしいな。

 

最後には、カセタでジャマキートさんやいろんな方々と歌ったり踊ったりして締めくくり。

 

フラメンコってすごい。
ひとのパワーを引き出す魔力を持っているみたいだ。

そしてそれが、見るひとにも力を与えてしまう。

ふたつの祭りで、フラメンコなみーんなのパワーを浴びて、よっしゃ!という気持ちになりました。

 

いよいよ来月からは、フルサイズのタブラオライブに復帰します!
(予告に続くw)